カテゴリー別アーカイブ: 未分類

フィルムを撮るなら右からでお願いします

久しぶりに会った周りに関して「時世をとった」という印象を受ける原因は、表情のたるみやくすみ、しわといった結構抗えないものですよね。

最もほうれい線に関しては、丸ごと時世を重ねた気分をお客に与えてしまうと思います。
汚れやくすみだけであればファンデーションでなりすます事が出来ますが、しわとなると目立たなくするのは困難です。

ほうれい線にはファンデーションよりも頬内側からのストレッチングや、顔面の筋力UPの方が良好的のではないかなと思っています。
その為、暇な時には舌で頬を押し流すようにほうれい線の程をぐいぐいとマッサージしていらっしゃる。

笑うってとにかく「スマイルじわ」ができてしまいますが、スマイルじわは幸せに生きてきた象徴のようなものですから
人によっては消さないほうが良しと感じるかもしれません。

けど、女の子にとってはしわのない状態で幸せなほうが嬉しいですよね。ほうれい線は女の子にとっては眉間のしわと同じくらい乏しい方がいいな、というしわです。

周り同士でフォトを撮るところ、私の場合は必ず右から撮って貰えるように意識してしまう。なぜなら、左のほうれい線を出来るだけ隠したい、見せたくないという思いがあるからです。

無い透明書類のようなもので簡単に付けるだけでほうれい線が降りるなら、全然便利だしこんなアイテムがあったらどうしても使ってみたいなあなんて思っています。詳しくはこちら